目の疲れを取る方法.jp > 簡単!目の疲れを取る方法 > アイマスク

つけるだけで目の疲れを解消!?厳選おすすめアイマスク

おすすめアイマスク

目の疲れを取るには、目の回りの血流を良くしたり、目の回りの筋肉をほぐしたり休めることが効果的です。そこで、カンタンに目の疲れを取る方法のひとつとしてアイマスクを使うという方法があります。

アイマスクの種類

普通の布などでできた薄いアイマスクでも、ある程度は目の疲れに効果があるようですが、最近では、様々な種類の目の疲れに効くと言われているアイマスクが売られています。


(※画像をクリックすると楽天のショップページにジャンプします)
ジェル状アイマスク

たとえば、アイマスクの中身がジェル状になっていて、冷蔵庫に入れて冷やせば目を冷却して、目の疲れを癒すことができ、レンジや湯煎などであたためれば、じんわりと血行を良くして、目の疲れを取ることができるというアイマスクがあります。この「アイリフレDX温冷両用アイマスク」は500円位で、使用回数の目安は100回程度だそうです。



蒸気アイマスク

上を向いて(寝ながら)目の上にのせるタイプなので、アイマスクとは少し違うかもしれませんが、温めタイプで人気なのがこちらの「あずきのチカラ」です。天然蒸気の温熱で芯まであたためてほぐします。あずきの重みが、目の凝りにもいい感じ。レンジで温めて使うタイプで、200回程度使えます。これで700円位、コスパもいいですね。



立体型アイマスク

立体型アイマスクといって、少しクッション性のあるアイマスクがあります。目にやさしくフィットして、寝ながら使うのに適しているアイマスクです。飛行機や新幹線など、移動中に使ってもアイメイクが崩れないことから、女性に人気です。



遠赤外線蓄熱保温

また、遠赤外線蓄熱保温で特殊素材を使用したアイマスクもあります。普通のアイマスクと比べると、3,000円台と少々お高いですが、ずっと繰り返し使えるものなので、せっかくだから効果の高そうな方がいい!という人にはおすすめです。

アイマスクにもいろんな種類がありますので、好みのものをその日の気分や体調で選んで使うのも良いかもしれませんね。

タオルで簡単ホットアイマスク

また、アイマスクを使う以外にも、蒸しタオルを目に当てるというシンプルな方法も効果的です。ただし、蒸しタオルを作るのに、ちょっと手間がかかってしまうというのが難点です。

濡らしたタオルをラップで包んで、電子レンジで温めるとカンタンに蒸しタオルができます。タオルを多めの水で濡らせば、ラップなしでも蒸しタオルは作れます。ただ、ラップをしたほうが、まんべんなく温めることができるようです。

目に蒸しタオルを乗せるときには、熱すぎてやけどしないように、温度を確認してから、乗せるようにしましょう。また、瞼の上に乗せるというより、目の回りを温める感じで乗せるとより効果的でしょう。


体の内側から!目の疲れに効果的な食べ物は?

目の疲れに効果的としてよく知られるのは、ブルーベリーですね。

ブルーベリー

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が、目を使う度に分解されていくロドプシンという物質の再合成を助けてくれる働きがあるからです。

また、ブルーベリーのアントシアニンには、活性酸素を除去する効果もあるため、目の機能を高めるだけでなく、体全体の機能を若返らせてくれる効果があるとも言われています。


そんなブルーベリーですが、これらの効果を実感するためには、大量のブルーベリーを食べる必要があります。しかし、ブルーベリーは旬の季節以外には手に入りづらいので、一年中食べることは難しいですし、大量に食べるということは困難でしょう。

そこで、手軽にブルーベリーの栄養を効率良く摂取できる方法として、ブルーベリーサプリの人気に火が付いたということなんです。


薬局に行くと分かるとおもいますが、ブルーベリーのサプリメントにはたくさんの種類のものが売られています。どれを購入すれば良いか迷ってしまって、これまでなかなか試せなかったという方は、管理人愛用のブルーベリーサプリも参考にしてみてくださいね。


※関連記事※
管理人愛用!リフレ「ブルーベリー&ルテイン」が選ばれる理由とは?



詳しくはこちら!!



疲れ目対策と解消法について

詳細はこちら

目の疲れ症状と病気について

詳細はこちら